応用情報技術者とは?

取得することでスキルのバロメーターになる

取得することで多くのメリットを得るチャンス

応用情報技術者資格を取得することにより、どういうメリットがあるのだろうか。
まず応用情報技術者を受験する資格がある者は、数年の経験を積んだシニアプログラマやシステムエンジニアが主に対象である。
高度なIT人材となる為、必要な応用的知識や技術をもっているものと規定されているのだ。
応用情報技術者は、国家試験であり合格率が年々低下傾向にあるため、取得することでさまざまなメリットが発生する。

例えば、情報処理技術者試験の高度区分での科目が免除されるという点。
これは合格から二年間午前1の試験が免除されるのだ。
他にも情報技術者と一見関係ないような資格の免除が受けられるという点も挙げられる。
弁理士試験の科目免除であったり、警視庁特別捜査官の3級職のコンピュータ犯罪捜査官の任用資格・日本測量協会の空間情報総括監理技術者試験の受験資格などである。

企業に就職してからのメリットはどういったものが挙げられるのだろうか。
プロジェクトの中核を担う人材として認められるのもはもちろん、資格取得後の年収にも違いが出てくるのだ。
資格を所有することにより、企業から毎月資格手当が支給される場合が多いのだ。
また報奨金制度として報酬をもらえる場合もある。
この資格手当などの影響で、自動的に年収が上がることに繋がるのである。

また学生時代に資格を有している者は珍しく、就職活動をする際に自分を売り込む武器となることは間違いないのである。
難関といわれる資格を取得したいなら☆☆「応用情報技術者」取得のメリットは?☆☆をチェックすることだ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です